黒色に反応する医療レーザー脱毛は光脱毛とどう違う?

医療レーザー脱毛とは、黒色にだけ吸収される光の特徴を生かし、毛根部分の黒い色素に光を当て、毛根付近にある毛を発生させる組織を破壊することで脱毛できるというシステムです。
医療系のクリニックで使われている脱毛方法で、かなりの効果を期待できます。
また、冷却もしっかりとすることによって、肌へのダメージも最小限に抑えることができて、安心・安全に脱毛できます。
広範囲の脱毛も短時間で脱毛できるという特徴もあり、とても便利な脱毛法です。
光の効果が強く、治療回数も脱毛サロンの光脱毛に比べると格段と少なくで済みます。
少ない人では3回ほどで、通常は5〜6回、毛が多く広範囲の腕や脚では7回ほどで、永久脱毛に近い効果を実感することができます。
人気のある脱毛法です。
ミュゼに遅刻したらペナルティあり?スタッフの対応は?【ミュゼQ&A】