公共料金の支払いをクレジットカードで済ませるとかなりお得になる?

クレジットカードは買い物の支払い時に現金で支払う必要がないので1枚あると大変便利なカードです。
また、ショッピングの支払いだけでなく電気・ガス・水道もクレジットカードを使って支払いが可能です。
カードを使って公共料金を支払うとカードのポイントが知らず知らずの内に沢山貯まっている事もありポイントを貯めるのが目的で支払いをクレジットに指定する人もいます。
ところが、クレジット指定にすると口座振替とは違い月の割引が無くなる事があります。
ETCカードを利用することで、高速料金が割引されるだけではなく、クレジットカードのポイントも加算されるのでとてもお得です。
ところで、ETCカードを選択する時の着眼点としては、年会費が無料のカードが支持を集めています。
また、入会するといくらかのポイントがプレゼントされるキャンペーンを行っているETCカードも存在します。
申し込み方法としては、クレジットカード会社の公式ページより申し込みをすることができます。
買い物の支払い時などにクレジットカードを1枚持っているととても便利です。
カードで会計を済ませれば現金を取りだす必要はありません。
カードを作成できる会社は沢山ありますが多くの場合、カードを使えば使うほどカードにポイントが蓄積されます。
ポイントをどう使うかは色々ありますがポイントを使って請求額の支払いを少なくしたり沢山貯まったら欲しい商品と交換するという様な事も出来ます。
多くのクレジットカードには会員保障と言う制度があり悪意に有無にかかわらず、他人が拾得したまま利用することなどで名義人が受けた損害を発行会社が負担してくれます。
紛失や盗難などで手元にないことがわかったら、直ちに警察へ連絡して発行元にも連絡をして指示に従います。
60日前までさかのぼって、不正利用について補償してくれますが、61日以上前の事例に関しては適用されません。
ネット決済の場合は、番号や有効期限、名義を打ち込むだけでパスワードなどは不要ですから簡単に不正利用できてしまいますので注意が必要です。
ネット決済で悪用された場合、手元にカードはあるので発覚しにくいですがWEB明細にして頻繁に確認していれば、すぐに見つけることができます。

ゴールドカード比較ランキング!還元率は?【人気おすすめカード】