社会保険労務士の重要性とは?

行政書士や税理士などはお世話にならなくても、なんとなく判ったような気がする職種といえます。
書類の代行や細かな税の相談などのイメージがあるせいかもしれません。
ですが社会保険労務士といえば、社会保険に関わるものかな位の理解と思います。
社会保険労務士とは国民年金法や厚生年金法、健康保険法や雇用保険法、そして労働基準法などの社会制度が、正しく機能できるようにそれを理解し、国民と社会保証制度が正しく動くように仲立ちになる存在といえます。
社会保証制度のスペシャリストが、社会保険労務士という国家資格です。
国と国民の間にも欠かせない社会保険労務士ですが、会社と社員にも欠かせない存在といえます。
身近な処では労働基準法などに関わります。
社会の中での困り事に社会保険労務士はなくてはならない存在といえます。